巻き爪ブロックのフルセットについてお話しているページです。

巻き爪ブロックのフルセットについて

巻き爪ブロックの基本セットは4種類あり、サイズによってS、M、Lの3サイズがあります。そして巻き爪ブロックにはもう1つ、3つのサイズすべてが入ったフルセットがあります。

フルセットはしっかり測れない方が買うのかといえば、そんなことはなく、実際につめの幅は食い込んでしまった部分が邪魔になって計れないことも多いので、やはりフルセットがあれば安心というわけです。

もちろんサイズがしっかり見当できるようになったら、単品で購入することも可能です。またそれぞれのサイズの目安はSが16mmから19.5mm、Mが19.5mmから23mmと3~4ミリの差となっています。

このことで誤差が出るのでは、、という方もいますが、巻き爪ブロックはバネ式ですから3mm程度の違いはなんともないサイズと言えます。矯正力はどうなのか、それについてはフルセットはノーマルになります。

また巻き爪ブロックには全てで9つの種類がありますので、強すぎたり足りなかったりということも心配ですが、様子を見る程度と思ってまず問題はありません。つまり現実的につめが割れてしまったりとか、そのような危険なこともありません。

ハードがいいのであればハードに変更するだけですし、はじめから自己責任ですがハードをオーダーするよう爪の厚い方も多いようです。

フルセットかサイズ別か、やはり費用もありますから選びにくいとも思いがちですが、私も最初はフルタイプを購入してハードに変えた1人です。はじめから爪によい効果が出ていますので、まず最初はフルタイプを購入した方が間違いないと思います。